砂糖などの添加物は一切加えずに

自然の本当の甘さと成分をそのまま

生かしたオーガニックはちみつです。

 

 

 

 

 

 

船便では赤道直下で船内が高温になり

栄養素、酵素、風味が損なわれます。

新鮮な風味、栄養素を維持するため、

空輸のみで日本に届きます。

一般のはちみつのように早くビンに

詰めるために加熱し液状にして

どんどん瓶詰めするのに対し

ゆっくり瓶詰めをしています。 

 

 

水分量が18%と低い含有量で品質が

保たれています。

加熱せずにきちんと水分含有量が

低く保たれている正真正銘の

本物のはちみつです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

オーガニックの基準に非常に厳格なヨーロッパのオーガニック認証付き。

認証マークは厳しい基準をクリアした製品にのみ与えられます。

ヨーロッパが認めたOrganic raw honey(オーガニック生はちみつ)は、

大変貴重なはちみつと言えます。

 

 

 

   

「美味しくて、健康と美容にも良い!」と人気のオーガニックはちみつ。

天然由来の飽きの来ない甘さと、ビタミンやミネラルなどの栄養成分がたっぷりのはちみつは、

ダイエットや健康増進に欠かせない食品の一つです。

 

このオーガニックはちみつを製造するのは、イタリア・トスカーナに本拠地を置く

ヴァンジェリスティ社。1929年設立の同社は老舗として有名です。

はちみつの採取地も、同社の本拠地があるトスカーナが中心で、

ここは別名「イタリアの緑の心臓」と称されるほど自然が豊かなことで知られています。

 

 

 

野生のミツバチたちは、美しい花畑や森林を飛び回り、花から花へと蜜を集めます。

環境の影響を受けやすいミツバチは、土壌汚染や大気汚染のある場所では生きていけないデリケートな生き物です。

そのため養蜂家たちは、細心の注意を払ってミツバチの健康状態や周囲の自然環境をチェックしながら、巣箱から花蜜を採取します。

大地の恵みを凝縮した花蜜は、ミツバチの分泌物が加わることでビタミンやミネラルといった栄養成分が豊富に含まれています。

ヴァンジェリスティ社では、この花蜜を「クルード(イタリア語で“加熱しない”の意味)」という伝統の製法により、非加熱のまま38℃の温度で瓶詰めを行います。

はちみつは40℃を超えると成分が変化して風味が損なわれるため、昔ながらの製法がかたくなに守られているのです。

 

 

 

インド、スリランカで伝統医療として生活に根付いているアーユルヴェーダ。最古の医学とも呼ばれております。

アーユルヴェーダでは蜂蜜を40℃以上に加熱するとアーマ(毒素)がたまるといわれております。

実際に最近の発表では40℃以上から徐々に老化の原因となるAGEs(終末糖化産物)が増えるというのがわかってきております。

  

   

ブドウ糖が多く含まれるはちみつは結晶しやすい傾向があります。

13℃前後の温度になると自然に発生する現象で、そのままでもお召し上がりいただけます。

結晶化した食感が気になるようでしたら、40度前後の低温を維持しながらゆっくり湯煎してください。

熱湯で湯煎をすると、風味や栄養素が損なわれることがございます。

※はちみつは1歳未満のお子様には与えないで下さい。   

 

 

 

      

     

 日本で最もポピュラーなはみちつ。

上品で繊細な甘さが特徴です。

料理、飲みなど万能です。 

 

 シシリアの果樹園より採取した花蜜を

使用しています。

爽やかな酸味が残る甘みで、

飲み物にぴったり。

 トスカーナおよびウンブリアの

野生の野花から採取されたはちみつ。

フローラルな香りで、ジャムのように

パンに塗ると相性抜群です。

               

 トスカーナ森林から採取された蜜。

まろやかで濃厚、個性的な味がクセに

なります。

地中海沿岸のカラブリアで花蜜を採取。

リコリス(甘草)のような個性的な風味で、

ハーブティに入れるのもおすすめです。

清々しい酸味が飲み物と合わせやすいです。

シチリアの果樹園より採取された花蜜を

使用しています。